プロフィール

ピアニストShinonome西塔(しののめ さいとう)
本名:斎藤正通

 

main-cover

山形県上山市生まれ、山形県立山形北高校音楽科在学中に第四回山形県ジュニア音楽コンクールのピアノコンチェルト部門で金賞グランプリを受賞し、プロオーケストラの山形交響楽団と共演する。

1993年、桐朋学園大学音楽学部器楽科ピアノ専攻を卒業。同年、ウィーンのピアノマスタークラスに参加、特別公開レッスン生に選ばれる。

2007年 12月、東京にて行われた近現代音楽コンクールで入選する。

2008年1月、ロシアのボリス・ペトルシャンスキー先生に公開レッスンを受ける。

2009年 「岩手・宮城内陸地震チャリティーリサイタル」を、山形市、宮城県登米市、岩手県北上市、横浜市の4会場で行い、募金額を日本赤十字社に寄付した。

2010年5月 2012年9月、イタリアの名巨匠ピアニスト、アルド・チッコリーニの弟子イワン・ドンチェフの公開マスタークラスを受講。

2011年10月、Shinonome西塔、真下祐子、鈴木集によるピアノと声楽のトリオ・リサイタルを山形県文翔館議場ホールにて行った。

2013年、第23回 日本クラシック音楽コンクール 全国大会 ピアノ部門 一般男子の部において、第5位入賞。

 

現在、ピアニストとしてソロやアンサンブル、伴奏の活動の他、山形市内の自宅にて後進の指導にあたっている。

studio_view

また、みはらしの丘「はらっぱ館」にて、月に4回ほど、婦人服の店ikoiを母と出店しており、
そこの「生ピアノBGM」を担当し、好評を得ている。
(詳しくは、「参加イベント情報」や「日記」をご覧ください)